創業1999年愛犬の無添加オーガニックなドッグフードと生活用品専門店●0800-300-1087

ポイント10%

猫の日応援にゃんのはなおやつ全品1割引
売上実績NO.1 ! 完全無添加ドッグフードナチュラルナース




一般的にはドッグフードの裏に記載されている給餌量の目安で計算します。

成犬の場合、愛犬の体重より1日の給餌量の目安がわかりますので、まず最初はそれを目安に与えてください。パピー・子犬の場合、成犬よりエネルギーが必要です。上記換算した給餌量の1.5倍から2倍の給餌量を目安にして下さい。

ただフード記載の給餌量とは、メーカー側で多犬種に食べさせて出したデータですので、あくまでも「そのフードを初めて食べさせるときの目安」にしかなりません。

実際に食べさせていくと、犬種による差が出ますし、人間同様太りやすい・痩せやすい体質もあります。

なによりその日の運動量によって給餌量は左右されるべきでもありますよね。散歩も少ない子とアジリティスポーツをしている子で、体重が一緒でも給餌量が同じわけがありませんよね。

対策としては、毎日愛犬の身体を触りながら太り具合を診て、臨機応変に給餌量を増減する事が自然であり、毎日同じ給餌量を与えることの方が不自然なのです。

太り具合や適正体重ですが、最初は獣医さんに診てもらうことをお薦めします。理由は最近犬の体躯が安定していないため、書籍などの平均体重があてはまらない事が多いですし、体重が重くても脂肪ではなく大きな骨格や筋肉である可能性もあるからです。
また我々オーナーの考える理想体型は、多くの場合獣医の考える理想体型より重いポッチャリ体型である事がほとんどです。

それと「ダイエットできない」という質問も多いですが、これもフード記載の給餌量から計算しているので、実際は食事量が多かったりすることがよくありますね。




成犬の場合、1日の給餌量を2回から3回に分けて与えます。時間や手間が無い場合2回をお薦めしますが、1日1食はお薦めできません。1日1食の場合胃腸に負担がかかるため1日量の2/3ぐらいにし、別の時間におやつなどで補って負荷軽減をしてあげてください。

パピー・子犬の場合はまだ身体が小さく胃も小さいので、3回から5回と回数を分けて食べさせてください。1食の量が多い場合は吐きもどしなどをしますので、この場合回数を増やして1食の量を減らします。




一般的にはドッグフードの裏に記載されている給餌量の目安で計算します。

成犬の場合、愛犬の体重より1日の給餌量の目安がわかりますので、まず最初はそれを目安に与えてください。パピー・子犬の場合、成犬よりエネルギーが必要です。上記換算した給餌量の1.5倍から2倍の給餌量を目安にして下さい。

ただフード記載の給餌量とは、メーカー側で多犬種に食べさせて出したデータですので、あくまでも「そのフードを初めて食べさせるときの目安」にしかなりません。

実際に食べさせていくと、犬種による差が出ますし、人間同様太りやすい・痩せやすい体質もあります。

なによりその日の運動量によって給餌量は左右されるべきでもありますよね。散歩も少ない子とアジリティスポーツをしている子で、体重が一緒でも給餌量が同じわけがありませんよね。

対策としては、毎日愛犬の身体を触りながら太り具合を診て、臨機応変に給餌量を増減する事が自然であり、毎日同じ給餌量を与えることの方が不自然なのです。

太り具合や適正体重ですが、最初は獣医さんに診てもらうことをお薦めします。理由は最近犬の体躯が安定していないため、書籍などの平均体重があてはまらない事が多いですし、体重が重くても脂肪ではなく大きな骨格や筋肉である可能性もあるからです。
また我々オーナーの考える理想体型は、多くの場合獣医の考える理想体型より重いポッチャリ体型である事がほとんどです。

それと「ダイエットできない」という質問も多いですが、これもフード記載の給餌量から計算しているので、実際は食事量が多かったりすることがよくありますね。


成犬の場合、1日の給餌量を2回から3回に分けて与えます。時間や手間が無い場合2回をお薦めしますが、1日1食はお薦めできません。1日1食の場合胃腸に負担がかかるため1日量の2/3ぐらいにし、別の時間におやつなどで補って負荷軽減をしてあげてください。

パピー・子犬の場合はまだ身体が小さく胃も小さいので、3回から5回と回数を分けて食べさせてください。1食の量が多い場合は吐きもどしなどをしますので、この場合回数を増やして1食の量を減らします。


一般的に食事を与えるタイミングは、程よい散歩や運動の後がおすすめです。これは、消化吸収をよくするためでもあります。食後に激しい運動をすると胃に負担をかける事がありますので、食後1~2時間は急激な運動を避けるようにしましょう。




パピー・子犬の場合、まだ硬いドライフードは噛みづらかったり、粒が大きくて食べづらそうな場合もあるので、お湯や水で10分程度ふやかせて柔らかくなってから食べさせる事をお薦めします。ハーフメイド半手作り食の場合は硬さの心配がありませんのでそのままおあたえ下さい。

成犬の場合、ハーフメイド半手作り食はそのままで良いですが、ドライフードの場合水やスープをかけてヒタヒタ状態で食べさせることをお薦めします。これにより食事を通じて同時に水分吸収ができ、体内の老廃物の排出もよくなります。




新しいドッグフードへの移行・切換は少しづつ移行されることをお薦めします。前のドッグフードに少しづつ新しいドッグフードを加えて、数日かけて移行してください。

これは食事を分解する腸内細菌が新しい食事に対応できるように、変化する時間を確保するためです。愛犬によっては急な切換も可能な子もいますが、特に胃腸の弱いこの場合急な切換では腸内細菌の変化が追いつかずに、便が硬く・もしくは軟らかくなったりして安定しないこともあります。

移行・切換期間には、特に便の状態をよく観察し、硬かったり軟らかかったりしたら、天然酵素サプリメントや無糖ヨーグルト、整腸剤などを利用してサポートしてあげてください。

また切換時の悩みや問題などはお気軽に当店へお問合せ下さい。



無添加ドッグフードを食べたがらない愛犬は少なくありません。これは市販のフードのように化学合成の香料や調味料を使用して食い付きを強化していないので、今までそれに慣れてしまった愛犬などは特に食い付きがよくない事が多いです。現代の人工香料はすごいものがあり、米国で開発されたものは食べれないものにかけても食い付くという、すごいものだそうです。

しかし人の幼児にも食べたがらない人参などを健康のために食べさせるように、愛犬にも無添加ドッグフードを食べさせる努力をして下さい。

大好きなものを少し混ぜたり、スープをかけたりするのも良い方法です。

それでも食い付きが悪い場合やすぐ飽きてしまうような場合ですが、やせていないようでしたら少し厳しいようですが、躾もかねてとりあげる事もお考え下さい。

食事に飽きてしまうという相談も良く受けますが、あまり手を代え品を代えしていると、ワンコも頭が良いので、食べなければ目新しいものをくれると理解します。

そうすると結局ワンコのためになりませんので、食べない場合には一定の時間食べないとき(10分以内など)は、取り上げて次の食事まで何も与えずに繰り返し、食べさせるようにすることも厳しいようですが、必要なときが来ると思います。

人間でもワンコでもおなかがすけば何でも食べますし、ワンコは1-2日食べなくても大丈夫です。もちろんワンコの体調を見ながらご判断くださいね。

一つの提案として、お考え下さい。




「ドッグフードは総合栄養食なので、一切他のものを一緒に食べさせないように言われたのですが・・・」という相談をよくいただきます。私達は、基本的にドッグフードへのトッピング・アレンジメントに対して肯定的です。理由は、体内の老廃物を体外へ排出するために、水分補給が重要で、ドライフードの場合水分補給が不足になりがちなので、フードにスープやお水をかけて、食事をしながら水分補給することを推奨しているからです。2つ目の理由として、ドッグフードはドライや缶詰にするため高熱処理をしているので、食べ物に含まれる【酵素】が熱処理で破壊されてしまいます。食べ物に含まれる【食物酵素】が少ないと、不足を補うために多くの酵素を作らねばなりませんが、生物が生きている間に生産できる酵素量は決まっていますので、体内の酵素のバランスが崩れた時に、呼吸・消化・解毒・代謝・免疫など命を守る機能が低下します。 消化吸収のよい生のビーフやチキン、野菜、スリゴマ、煮干し、ワカメなど熱処理されていない食材のトッピングなどにより食物酵素を補えますし、【フルーツザイム】などの酵素を補う補助食もお薦めしています。最後の理由は、オーナーがフードに手を加える事は、オーナーが愛犬の食事に関して興味を持つことであり、それを通じてオーナーと愛犬の絆が深まるので賛成です。
ただし、条件として、【フードは無添加ドッグフードとする】事と、【手を加える部分を3割以内程度に抑え、安全な食品だけを混ぜる】事です。人間が食べられるからと、塩分や調味料使用のハムやチーズなどを 与えることはやめて下さい。




当店ではわんこにも多くの水分を取らせて、老廃物を身体から出すことをすすめています。

最近では、人間でも水をよく飲むと健康に良いと言われていますが、愛犬にも同様です。

愛犬の身体の中から尿として老廃物などを出してくれるので、愛犬にもすごくお奨めですよ。

ドライフードだけの食事だと水分吸収が少なくなり、尿結石などの弊害が出やすいという学説も出ています。またアトピーなどの症状が水分補給を増やしただけで改善された例もあります。

またできれば、水道水そのままでなく、浄水器などでカルキを除去した水道水や湯冷まし、ミネラルウォーターなどを与えてください。カルキにはビタミン破壊などの問題があります。また昔ミネラルウォーターを否定するような情報がありましたが、現代ではそのようなことはないと考えています。

ただ水だけを飲ますことが難しい場合、好きなものを少量混ぜることによってよく飲んでくれます。例えばヨーグルトやミルクを水の入ったボウルに数滴入れてあげるとがぶがぶ飲む例もありますよ。

それと一番のお薦めは食事を通じて水分補給できるように、ドライフードにスープや水をかけてひたひた状態にして食べさせてあげれば、食事と水分補給が一緒にできて良いと思います。そういう意味では手作り食はスープなどで水分が多いので、水分補給もできる良い食事と考えられますね。

水分補給は愛犬の健康ために重要な事です。噛む行為のためにドライフードを推奨される方も多いようですが、そのために水分補給が足りなくなり、健康に影響が出る愛犬が多いです。ストレス対応の噛む行為でしたら、オーナーさんとの遊びとか、おやつのガムなど他のことで吸収するほうが良いと考えます。




当店ではドライフードと、ハーフメイド半手作り食をライフスタイルに合わせて併用することもお薦めしています。

1つのフードではライフスタイルや生活環境によって継続が困難であったりしますし、状況によって使い分けたい方もいます。

例えば忙しい朝は、【ドッグフード】や【ドッグフード+アレンジ】ですませて、時間のある夕食は家族の食事と一緒に【手作り食】や【半手作り食】を食べさせるというパターン。

他にも、ウイークデイは忙しいので【ドッグフード】、休日は自宅でゆっくりと【手作り食】や【半手作り食】というような例もあります。

また、外出や旅行の多い家庭の場合、外出時は【ドッグフード】で、それ以外は【半手作り食】という方もいますよね。

腸内細菌を作りかえる負荷に関しても、周期的であれば腸内細菌を毎回作り直すほど愛犬の身体に負荷は無いと思うので、色々な面で無理のない食事方法と考えられます。




前述した併用食と似ていますが、目的を「たくさんの食材を食べさせる事」にすえて、ドライフードやハーフメイド半手作り食の数種類を、毎日順番に代えながら回転させて食べさせる方法です。

これよって多くの食材を摂取する事ができ、愛犬の健康にも役立つと考えられます。

毎日変化するので、腸内細菌を作りかえる負荷に関しても、周期的であれば腸内細菌を毎回作り直すほど愛犬の身体に負荷は無いと思うので、色々な面で無理のない食事方法と考えられます。



















































































  • にゃんのはな
  • 定期購入のススメ
  • トリミング・グルーミングパートナー募集
  • わんのはなビジネスコンサルタント事業部
  • わんのはなビジョン
  • セレクト基準
  • エコロジカルドッグライフ

clean

カレンダー
2017年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

が定休日です。

2017年3
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

が定休日です。

SHOP INFORMATION